2017年3月 1日 (水)

マセラティ、 レヴァンテ ディーゼルの発売を開始


 マセラティは、2016年に発売を開始したレヴァンテにディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」の発売を開始した。車両本体価格は9,769,090円(税込)。
マセラティは2016年3月に日本に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入。ディーゼルの概念を超えるパワフルな排気音と圧倒的なスポーツ性能、ディーゼルエンジンならではの環境性能を実現する類まれなるディーゼルエンジンとして高く評価されている。今回発売を開始する「マセラティ レヴァンテ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高めるとともに、CO2排出量の低減と優れた燃費経済性、さらに圧倒的なスポーツ性能を実現。

 最先端のディーゼルテクノロジーの全てが注ぎ込まれた、画期的な新型3.0リッターV6ディーゼル エンジンは、マセラティ社とイタリアのVMモトーリ社が共同開発。フェラーリF1エンジンのデザイナーを務めたマセラティ社のパワートレーンディレクター監督の下で、マセラティのために専用に開発された。275psのクラス最高出力を発生しながらCO2排出量を189g/km*とガソリンエンジンモデルから約25%抑え、燃料消費量は13.9 km/l*を誇る。最大システム圧が2,000 barのコモンレール式直噴エンジンで、マルチインジェクションシステムによって、燃費と作動音を低減しながら応答性と俊敏性の向上が図られている。また可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーによって、エンジンは低回転域から高い出力と大きなトルクを発生させる。2000-2600 rpmの回転域で最大トルク600 Nmを発生し(オーバーブースト時)、0-100 km/hを6.9秒*で駆け抜け、最高速度も230 km/h*に達します。さらにスタート/ストップシステムによって、燃費とCO2排出量をさらに最大6%*低減。クルマが止まるとすぐにエンジンを停止させ、ブレーキをリリースしクルマが再発進するときに自動的にエンジンを再始動させる。

レヴァンテ ディーゼル
«前へ
「MINI クロスオーバー」をフルモデルチェンジ
 

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles