2017年2月27日 (月)

「MINI クロスオーバー」をフルモデルチェンジ


 BMWはプレミアムコンパクトSAV「MINI クロスオーバー」をフルモデルチェンジして発売した。価格は386万円~483万円。発売当初はクリーンディーゼルエンジン搭載モデルのみの展開で、今秋にMINI初の新世代ハイブリッド・モデルをラインアップに追加する予定。

 MINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、従来のMINIモデル・ラインアップからは一線を画すSAVモデルとして誕生。その後2014年には一部改良を加えると共にラインアップの見直しを行い、当時においてはMINI初となるクリーンディーゼルエンジン搭載車をラインアップに加えた。今回のフルモデル・チェンジでは、デザインの刷新、質感を向上させた素材の採用、セグメントに相応しいインテリア・スペースの拡大、機能性の向上により、MINI初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わっている。

 MINI Cooper D CrossoverおよびMINI Cooper D Crossover ALL4には、最高出力150PS(110kw)、最大トルク330Nmを発揮する高効率な2.0リッター4気筒のMINIツインパワーターボディーゼルエンジンが装備され、8速オートマチックトランスミッションとの組み合わせにより、燃料消費率は21.3km/L(*)。
 MINI Cooper SD Crossover ALL4には、最高出力190PS(140kw)、最大トルク400Nmを発揮する高効率な2.0リッター4気筒のMINIツインパワーターボディーゼルエンジンが装備され、8速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせにより、燃料消費率は20.8km/Lである。
 新型MINIクロスオーバーの全てのモデルは、ポスト新長期規制をクリアした「クリーン・ディーゼル自動車」としてエコカー減税対象モデルとなり、自動車取得税および重量税が100%減税、翌年度の自動車税が75%減税となる。

*:MINI Cooper D Crossoverの燃料消費率:21.2km/L

C4 PICASSO
«前へ
ベンツ、プレミアムミドルサイズ SUVに「GLC 220 d 4MATIC」を追加
  次へ»
マセラティ、 レヴァンテ ディーゼルの発売を開始

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles