2017年1月23日 (月)

BMW 2シリーズ「BMW 218d xDrive」登場


 BMWはコンパクト・モデル「BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー」、および「BMW 2シリーズ グラン ツアラー」のラインアップに、新世代4気筒クリーンディーゼルエンジンとインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせた「BMW 218d xDriveアクティブ ツアラー」と、「BMW 218d xDriveグラン ツアラー」を追加し、1月28日(土)より販売を開始する。

 新型BMW 218d xDriveアクティブ ツアラー/グラン ツアラーは、ディーゼルエンジンと4輪駆動システムを搭載したセグメント唯一のプレミアム・コンパクトMPV(多目的車)。 両モデルに搭載される新世代2リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンは、最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力110kW(150ps)/4,000rpmを発揮し、最大トルクは330Nm(33.7kgm)/1,750-2,750rpmとディーゼルエンジンならではのパワフルな走りを可能にしている。高効率なエンジンに加え、8速オートマチック・トランスミッションやエンジン・オート・スタート/ストップ機能など先進の環境対応技術を数多く採用し、燃料消費率は20.0km/Lの低燃費を実現している。これにより、エコカー減税対象車の認定を受け、自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となり、翌年度の自動車税も75%減税となる。

BMW 218d xDrive
«前へ
NEW DS 5 BlueHDi クリーンディーゼルデビュー
  次へ»
シトロエン「C4 PICASSO」クリーンディーゼル導入

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles