2016年3月15日 (火)

マセラティ初のディーゼルエンジン搭載 「マセラティ ギブリ ディーゼル」


 マセラティ ジャパンは、マセラティ史上初となるディーゼルエンジンを搭載したミドルサイズのスポーツラグジュアリーセダン「マセラティ ギブリ ディーゼル」を発売する。車両本体価格(税込)は9,330,000円。マセラティはディーゼルモデルを2013年に発表、すでに2014年からヨーロッパ、北米など各国で販売を開始し、高い評価を得ている。
新開発のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ ギブリ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高めるとともに、CO2排出量の低減と優れた燃費経済性、さらに圧倒的なスポーツ性能を実現。環境への意識が高く、しかもよりスポーツフィールをお求めになる顧客層をターゲットとしている。

新開発ディーゼルエンジン

新型3.0リッターV6ディーゼル エンジンは、マセラティ社とイタリアのVMモトーリ社が共同開発。フェラーリF1エンジンのデザイナーを務めたマセラティ社のパワートレーンディレクター監督の下で、マセラティのために専用に開発された。
この最新エンジンは、275 psのクラス最高出力を発生しながらCO2排出量を158g/km*に抑え燃料消費量は17.0 km/l*を誇る。最大システム圧が2,000 barのコモンレール式直噴エンジンで、マルチインジェクションシステムによって、燃費と作動音を低減しながら応答性と俊敏性の向上が図られている。また可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーによって、エンジンは低回転域から高い出力と大きなトルクを発生することができる。また、スタート/ストップシステムによって、燃費とCO2排出量をさらに最大6%*低減。クルマが止まるとすぐにエンジンを停止させ、ブレーキをリリースし、再びクルマが動き出すときに自動的にエンジンを再始動させる。
エンジン重量はガソリンエンジン比で約25kg増に抑え、前後重量配分は51:49とほぼ理想的なバランスを維持している。

* 参考値

マセラティ ギブリ ディーゼル
マセラティ ギブリ ディーゼル
«前へ
女性の方にも気軽に参加いただける試乗会を横浜で開催:申込締切11月30日に延長
  次へ»
MINI のラインアップにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが追加

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles