2015年10月 2日 (金)

クリーンディーゼル「C 220 d (セダン/ステーションワゴン)」を追加


 メルセデス・ベンツは、クリーンディーゼルモデル「C 220 d(セダン/ステーションワゴン)」を発表し、注文受付を開始した。
メルセデス・ベンツのクリーンディーゼルエンジン搭載モデルは、排出ガスに尿素水溶液「AdBlue®」を噴射して化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC」を採用し、世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現している。
Cクラスのラインアップに追加となる「 C 220 d AVANTGARDE 」「C 220 d STATIONWAGON AVANTGARDE 」「 C 220 d STATIONWAGON Sports 」「 C 220 d STATIONWAGON Sports (本革仕様)」の4モデルには、メルセデス最新の2.2リッター直列4気筒BlueTECエンジンを搭載。ピエゾインジェクターを用いた最新世代のコモンレールシステムや、大きさの異なる2基のターボチャージャーへの排気の流れを可変フラップにより制御することでターボラグを解消しながら必要なブースト圧を引き出す2ステージターボチャージャーなどの先進テクノロジーにより、最高出力170PS、最大トルク400Nmの力強い動力性能を実現した。

トランスミッションは、Cクラスとして初めて9速オートマティックトランスミッション「9GTRONIC」を採用。現在市販されているトルクコンバータ式トランスミッションの中で最も変速段数が多いこのトランスミッションは、1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現している。

 C 220 d AVANTGARDE は 20.3km/L(JC08モード)、C 220 d STATIONWAGON AVANTGARDEが19.6km/L(JC08モード)とクラストップレベルの低燃費を実現。今回追加となる4モデルすべてが新エコカー減税の優遇(重量税、取得税 免税)および自動車グリーン税制優遇措置(翌年度自動車税75%減税)の優遇をうけることができる。また、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象となり、上限額2万円が交付される。

 メルセデス・ベンツは、2006年8月に日本初のクリーンディーゼルモデル「E 320 CDI」を導入、日本で販売される乗用車として初めて新長期規制(2007年施行)にも適合した。
さらにポスト新長期規制(2010年施行)にも輸入車で初めて適合した「E 350 BlueTEC」を導入。その後、2010年にMクラス、2013年にGクラス、本年1月にはGLと、SUVにクリーンディーゼル「BlueTEC」を積極的に展開してきた。本年3月には、4気筒クリーンディーゼルモデルをEクラスとCLSに導入し、8月には日本初となるクリーンディーゼルハイブリッド S 300 hを発表、さらにラインアップを拡充している。

C 220 d (セダン/ステーションワゴン) C 220 d (セダン/ステーションワゴン) C 220 d (セダン/ステーションワゴン)
関連情報
«前へ
ジャガーXFにディーゼルエンジン搭載モデルがラインアップ
  次へ»
ベンツ新型「V クラス」を発表

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles