2015年6月19日 (金)

トヨタ、ランドクルーザープラドを一部改良


  TOYOTAはランドクルーザープラドを一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて発売を開始した。

 今回の一部改良では、新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載した。次世代高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮できる圧倒的な動力性能を備えるとともに、低燃費・低排出ガスを実現し、JC08モード走行燃費11.8km/Lを達成。さらに、新開発の尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。これにより、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金」制度を利用した場合、最大約24万円が給付される。

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド TZ-G<オプション装着車>

クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」諸元
ランドクルーザープラド

メーカー希望小売価格
ランドクルーザープラド

«前へ
クリーン・ディーゼル・エンジン搭載 BMW 218d アクティブ ツアラー登場
  次へ»
ボルボ、新世代Drive-Eクリーンディーゼルを主力5車種に搭載

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles