2015年3月 3日 (火)

新型「マツダ CX-3」を発売


  新型「CX-3」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第5弾モデル。

 「CX-3」は、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.5」専用車として設定。最大トルク270N・mと2.5Lガソリンエンジンを上回るほどの大トルクによる優れた走りと、25km/L(JC08モード燃費)の優れた燃費性能を両立させている。全グレードにオートマチックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)やマニュアルトランスミッション(SKYACTIV-MT)、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」を設定。駆動方式やトランスミッションを問わず全グレードで自動車重量税、自動車取得税が免税となるほか、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)制度を利用した場合、XD Touring L package 2WD(メーカー小売希望価格280万8千円(消費税込))では最大16万円が補助金として給付される。
 また「SKYACTIV-D 1.5」には、ディーゼルエンジンのノック音を抑制する新開発の「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が世界で初めて採用された。これにより走行時の静粛性を高めるとともに、エンジン音質の向上を実現している。

 新型「CX-3」の開発を担当した冨山道雄主査は、「新型『CX-3』は、『次の時代のスタンダードを創造する』という志を掲げ、スペックや数値の追求だけでは表せない、人がクルマに求めている本質的な価値とは何かをゼロベースで問い直し、マツダの最新のデザインと技術で創り上げました。都会からアウトドアまで、どんなシーンにも相応しい1台となる新型『CX-3』は、既存の価値観にとらわれることなく、他人とは違う自分らしさを表現できるクルマとして、お客様の期待を超えてライフスタイルを刺激し続ける存在になると確信しています」と述べている。

マツダ CX-3

マツダ CX-3 XD Touring L Package

マツダ CX-3 価格表

【  】内は、i-ELOOP(アイ・イーループ)装着車の場合。
i-ELOOPはメーカーオプションの「イノベーションパッケージ」(64,800円高(消費税込))を選択することで設定可能。

«前へ
クリーンディーゼル搭載モデル「GL 350 BlueTEC 4MATIC」を追加発売
  次へ»
メルセデス・ベンツEクラス/CLSクラスにクリーンディーゼル搭載モデルを追加

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles