2014年12月 5日 (金)

マツダが広島県警高速隊にクリーンディーゼルエンジン搭載のCX-5を提供


 マツダは警察用パトロールカーとして架装した「マツダCX-5」を、広島県警察本部交通部高速道路交通警察隊に2台提供した。今年度末に予定されている中国横断自動車道尾道松江線の全線開通など、年々高速道路が延伸する中で、冬期の厳しい気象環境下での高速道路における交通警察活動用に、「CX-5」をモニター車両として提供したものという。

 提供した「CX-5」は、厳しい使用環境を踏まえて、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」と四輪駆動(4WD)システムを搭載したモデルとしている。

 「SKYACTIV-D 2.2」は低速から高速までスムーズでリニアなレスポンスと、4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りに加え、JC08モードで18.0km/L(4WD)の優れた燃費性能と、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合した環境性能を実現しており、高速道路における長距離走行に適している。

 また、「CX-5」の4WDシステムは、ドライバーには感じとれないほどわずかなタイヤスリップなどをリアルタイムにモニターし、その変化に応じてクルマ自身が前後輪の駆動力配分を積極的に自動コントロールして、冬期の厳しい気象環境下においても安定した走りを保つことができる。

CX-5
«前へ
マツダ、小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」が 第11回エコプロダクツ大賞を受賞
  次へ»
第6回クリーンディーゼル実車体験試乗会を実施

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles