2014年9月25日 (木)

メルセデス・ベンツ G 350 BlueTEC 35th Anniversary Editionを発表


 メルセデス・ベンツは、最高級クロスカントリービークル「Gクラス」の誕生35周年を記念して内外装に特別装備を採用した「G 350 BlueTEC 35th Anniversary Edition」を発表し、9月10日より全国限定200台の限定にて注文受付を開始した。
Gクラスは1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続け、一時的な流行とは無縁の強烈な個性と圧倒的なオフロード性能で根強い支持を持つメルセデスのSUVラインアップを代表するモデル。

 「G 350 BlueTEC 35th Anniversary Edition」は、力強い動力性能と高い環境適合性を両立した3.0L V型6気筒BlueTECエンジン搭載のクリーンディーゼルモデル「G 350 BlueTEC」をベースに、通常は設定のないAMGオーバーフェンダーと専用チタニウムグレーペイント18インチアルミホイールを採用、スポーティな印象を高めた。ボディカラーは、洗練されたイメージの「マグネタイトブラック」(メタリックペイント)と人気の「ポーラーホワイト」(ソリッドペイント)の2色から選ぶことができる。インテリアには、上質でスタイリッシュなチェストナットブラウンの本革シート(前席・後席シートヒーター付)を採用している。

G 350 BlueTEC 35th Anniversary Edition
«前へ
マツダ"クラス概念を打ち破る新世代コンパクト"デミオの予約販売を開始
  次へ»
マツダ、小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」が 第11回エコプロダクツ大賞を受賞

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles