2014年6月24日 (火)

BMW X3がモデルチェンジ、安全装備を多数採用


 BMWは、革新的ドライバー支援システムや標準装備品を充実させたBMW X3の販売を開始した。2003年に初めて発売されたBMW X3 は、インテリジェント4 輪駆動システム「xDrive」の採用により、オンロード走行性能を高めたスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)というコンセプトを実現。クリーンディーゼルモデルを始め、全車がエコカー減税対象となる高い環境性能を誇っている。
マット・アルミニウム仕上げのデザイン・エレメントにより、BMW X モデルの力強さとスタイリッシュなデザインを主張する「xLine」を新たに設定し、よりダイナミックな走りとスタイリングを強調する「M Sport」と共に、幅広いモデルの選択肢を提供する。

BMW X3がモデルチェンジ

・上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。

・全モデル右ハンドル仕様。

 xDrive20i/20d/28i が「平成27 年度燃費基準+20%」、また、 xDrive35i が「平成27 年度燃費基準+10%」を達成し、全モデルで自動車取得税および 重量税の減税に加え、翌年度の自動車税も減税となる。

ニューBMW X3 の燃費性能および減税率

ニューBMW X3 の燃費性能および減税率

関連情報

«前へ
小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」が新型デミオに搭載
  次へ»
MINI Crossoverにクリーンディーゼルエンジンモデルが登場

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles