2014年6月12日 (木)

小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」が新型デミオに搭載


 マツダは、スカイアクティブ テクノロジーを採用した1.5Lクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を新開発、新型デミオに搭載すると発表した。
「SKYACTIV-D 1.5」は、CX-5などに搭載されている「SKYACTIV-D 2.2」と同様、高価なNOx後処理装置無しで高い環境性能を実現している。その結果、2.5Lガソリンエンジン並みのトルクフルな走りと、高回転までリニアに加速する優れた動力性能をもたらすことに成功した。
「SKYACTIV-D 2.2」の革新的技術を踏襲しながら、燃焼における均質リーン化領域のさらなる拡大や、エンジン小型化による冷却損失増大を抑制するための断熱技術、さらなる機械抵抗低減などの燃費改善技術を追加採用するなど、コンパクトカーに適したパワートレインとして進化させている。

 新型デミオに搭載する「SKYACTIV-D 1.5」は、ポスト新長期規制をクリアする*1ディーゼル・コンパクトカーとして日本市場に導入されるクリーンディーゼルエンジンとなる。アイドリングストップ技術「i-stop」、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」と高効率トランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」や「SKYACTIV-MT」との組み合わせで、ハイブリッド車、軽自動車を除く、内燃機関搭載車として最高のモード燃費*2と大幅な実用燃費の改善を図った。

『SKYACTIV-D 1.5』の特長
  • 小排気量ディーゼルエンジンで最も低い圧縮比14.8*3を採用しながら燃焼効率を追求
  • 高分散噴霧のソレノイドインジェクター*4と段付エッグシェイプピストン*4による火炎の壁面接触低減、過渡燃焼制御技術により冷却損失を抑制
  • 高圧EGR&低圧EGRシステム*4を採用。均質リーン化領域を拡大し燃費環境性能、パフォーマンスフィールを向上
  • エンジン冷却システムに冷却水制御バルブ(CCV)*4やウォータージャケットスペーサー*4を採用、燃焼効率改善と機械抵抗低減を実現
  • 低速域から高速域まで十分な過給圧が得られる回転センサー付きの可変ジオメトリーターボチャージャー*4を採用
  • 吸気管一体式水冷インタークーラー*4を採用、加速レスポンスおよび過給効率を向上
  • 高価なNOx後処理システム無しで、ポスト新長期規制、欧州ステージ6をクリアする*1高い環境性能を実現
『SKYACTIV-D 1.5』の主要諸元(社内測定値)

直列4気筒1.5L直噴ディーゼルエンジン

SKYACTIV-D 1.5

*1 社内測定値による
*2 JC08モード燃費
*3 2014年6月1日現在、2L以下の小排気量ディーゼルエンジン マツダ調べ
*4 「SKYACTIV-D 1.5」追加採用技術

«前へ
国内自動車メーカー8社+1団体による研究組織「自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)」が設立
  次へ»
BMW X3がモデルチェンジ、安全装備を多数採用

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles