2013年3月27日 (水)

【2013ジュネーブモーターショー】 富士重工業「SUBARU VIZIV CONCEPT」「アウトバック ボクサーディーゼル リニアトロニック」


 富士重工業は「第83回ジュネーブ国際モーターショー」で、プラグインハイブリッド車のコンセプトカー「SUBARU VIZIV CONCEPT」と「アウトバック ボクサーディーゼル リニアトロニック」を公開した。

 2.0Lの水平対向ディーゼルエンジン「ボクサーディーゼル」、高トルク対応のリニアトロニックCVT、車両前部の駆動/発電兼用の1モーター、車両後部の駆動専用の独立2モーターで構成される3モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載した、スバルの方向性を示すコンセプトカーとなっている。

SUBARU VIZIV CONCEPT

 SUBARU VIZIV CONCEPTにはスバルの将来パワーユニットの一つの提案として「Subaru Boxer Diesel Hybrid」を搭載。2.0Lスバルボクサーディーゼルと高トルク対応型リニアトロニックCVTに、フロント:駆動・発電兼用の1モーター、リヤ:駆動専用の独立2モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを採用した。
低速域や都市部ではモーターによる発進・駆動、高速走行時にはディーゼルエンジンと高効率リニアトロニックにより、各パワーユニットの得意領域をシーンに合わせ最適に使い分けることで高い燃費性能を実現させるという。

スバル アウトバック ボクサーディーゼル リニアトロニック

 また、同ショーではスバルボクサーディーゼル(水平対向ディーゼルエンジン)にリニアトロニック(CVT)を初めて組み合わせたアウトバックも公開。リニアトロニック車ならではの快適性に加え、アダプティブ制御によりマニュアルシフト感覚の走りの愉しさを実現し、スバルボクサーディーゼルエンジンが持つスポーティな魅力を一層高めている。

SUBARU VIZIV CONCEPT 主な仕様
SUBARU VIZIV CONCEPT Technology Movie English 
富士重工業プレスリリース

2013 ジュネーブモーターショー 他社クリーンディーゼル情報

«前へ
「エクストレイル」にクリーンディーゼルの新グレード「20GT S」を追加
  次へ»
人とくるまのテクノロジー展 2013レポートVol.01

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles