2012年10月25日 (木)

三菱自動車、パジェロを一部改良


 三菱自動車は「パジェロ」を一部改良して10月10日(水)から販売を開始した。
現行の4代目「パジェロ」には2008年10月に、新長期規制に適合した3.2L コモンレール式ディーゼルエンジンモデルが登場。

2010年9月には同エンジンを世界最高水準のポスト新長期規制(平成21年排出ガス規制)に適合したクリーンディーゼルエンジンとして、エコカー減税(購入時の自動車取得税と自動車重量税が免税)及びクリーンディーゼル自動車導入費補助金の対象となり、現在では約7割のお客様がクリーンディーゼルエンジン搭載車を購入しているという。
今回の改良では、グレード展開の見直しや機能装備面での新型化、新機能採用を施している。

< 主な改良内容 >

  • グレード展開
  • 3.2L クリーンディーゼルエンジン搭載車と3.0L ガソリンエンジン搭載車 (いずれもINVECS-II スポーツモード5AT)に集約。
  • ロングボディ「SUPER EXCEED」の3.8L ガソリンエンジン搭載車、ロングボディ「GR」の 5速MT車、ショートボディ「VR-I」の5速MT車を廃止。
  • 安全装備
  • 3.0L ガソリンエンジン搭載車にアクティブスタビリティ&トラクションコントロール(ASTC)+ブレーキアシストを標準装備、全車で標準装備となった。
  • 3.0L ガソリンエンジン搭載車に衝撃吸収構造のボンネットフードを採用、全車で歩行者頭部保護 基準(国土交通省)に適合。 (いずれもクリーンディーゼルエンジン搭載車は従来から採用)
  • 機能装備
  • ナビゲーション、オーディオ機能を、高解像度・高精細WVGAモニターを搭載の多機能メモリーナビゲーションの新型に変更。
    (ロングボディ「SUPER EXCEED」に標準装備、ロングボディ「EXCEED」とショートボディ「VR-II」にメーカーオプション設定)
  • ロックフォードアコースティックデザイン プレミアムサウンドシステムにDTS Neural Surround™などの新機能を採用
    (ロングボディ「SUPER EXCEED」に標準装備、ロングボディ「EXCEED」にMMCSとセットでメーカーオプション設定)
パジェロ SUPER EXCEED
パジェロ SUPER EXCEED
パジェロ SUPER EXCEED価格表
プレスリリース
オールラウンドSUV『パジェロ』を一部改良
国内で購入できるクリーンディーゼル車
«前へ
ALL NEW MAZDA ATENZA デザイナースケッチプレゼント
  次へ»
新型「マツダ アテンザ」を販売開始

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles