2012年9月20日 (木)

マツダの新「Mazda6」ワゴン、パリサロンで世界初公開 クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載


SKYACTIV-D 2.2

 マツダは9月27日から開催される「2012年パリモーターショー」*1で、新型「Mazda6(日本名:アテンザ)」のワゴンを世界初公開する。今回出品する新型「Mazda6」(ワゴン2台、セダン1台)は、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車となる。新型「Mazda6」は、2012年中に欧州市場に導入される予定。

 「SKYACTIV-D 2.2」にはハイパワーとスタンダードパワーの2機種を設定され、いずれも欧州排出ガス規制「Euro6」に適合する環境性能を備えている。また先進の安全技術やマツダ独自の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」採用されている。

「2012年パリモーターショー」の出品車両

*1 正式名称は「Paris Mondial de l'Automobile 2012」。
プレスデーは9月27日~28日、一般公開日は9月29日~10月14日。

«前へ
WEC富士6時間耐久レースのエントリー発表、30台が来日
  次へ»
BMW X3、クリーンディーゼルエンジン搭載の新モデルを発売開始

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles