2012年8月23日 (木)

2.0Lクリーンディーゼルエンジン搭載の BMW 320d BluePerformance注文受付を開始


 BMWは直列4気筒クリーンディーゼル・エンジンを搭載したBMW 320d BluePerformanceを全国のBMW正規ディーラーで注文受付を開始すると発表した。2012年9月からの納車を予定。
NOx吸蔵還元触媒などメンテナンスフリーの排出ガス処理技術を採用、日本のポスト新長期規制に適合している。

 搭載される2.0リッター直列4気筒ツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンの最高出力は135kW(184ps)/4,000rpm。最大トルクは6気筒ガソリン・エンジンに匹敵する380Nm(38.7kgm)/1,750-2,750rpmを発揮。最新のコモンレールシステムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーの組み合わせにより、6気筒ガソリンエンジンに匹敵する力強い走りと、4気筒ガソリンエンジンモデルを凌ぐ低燃費を両立させている。さらにエンジンのオートスタート/ストップ機能などの環境対応技術も多数採用することで燃料消費率(JC08モード)はクリーンディーゼルモデルとして国内No.1となる19.4km/lという低燃費を実現している。

 BMW 320d BluePerformanceは最先端の排出ガス処理技術であるBluePerformanceテクノロジーの採用により、圧倒的な低排出ガスレベルを達成している。
DPF(粒子状物質除去フィルター)により排出ガス中の粒子状物質をフィルターに吸着させ、エンジン制御により燃焼・除去する。また、NOx吸蔵還元触媒が、排出ガス中のNOxを触媒内に一時的に吸蔵した後に、水・窒素・二酸化炭素に還元し排出する。この2つのメンテナンス・フリー技術によって大幅な排出ガスの低減を実現し、日本のポスト新長期規制に適合する高い環境性能を実現している。

 また、クリーンディーゼルモデルにおいて国内No.1となる19.4km/Lの燃料消費率(JC08モード)を実現し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成する低燃費を実現。ポスト新長期規制をクリアした「クリーンディーゼル車」としてエコカー減税対象モデルの認定を受け、自動車取得税および重量税が100%減税となる。また、経済産業省が推進する「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象となり、最大9万円の補助金の受給が可能である。

BMW 320d BluePerformance

BMW 320d BluePerformance

BMW 320d BluePerformance


プレスリリース
ニュー BMW 320d BluePerformance 登場
関連情報
BMW「X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス」の注文受付開始(2012年1月25日)
国内で購入できるクリーンディーゼル車
«前へ
日産「NV200」、ロンドンタクシーとしての採用へ
  次へ»
「環境広場さっぽろ2012」の展示・試乗車にクリーンディーゼル車を提供(事後レポート)

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles