2012年4月23日 (月)

BMWのX5 xDrive35d(クリーンディーゼル)が全体の7割が占める好調な販売


 BMWが本年より国内での販売を開始したクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「X5 xDrive35d ブルーパフォーマンス」の販売台数が、X5全体の約70%を占めていると発表された。 他社で展開されているクリーンディーゼルの各モデル同様、高い関心を持って市場に受け入れられていることを示している。

 X5 xDrive35d ブルーパフォーマンスは3.0L直列6 気筒ツインパワー・ターボ・ディーゼルエンジンを搭載する、最高出力180kW(245ps)/4,000rpm、最大トルクは540Nm(55.1kgm)/1,500-3,000rpmを誇る。
燃費は11.0km/L(JC08 モード)を達成し、同じ3.0L直列6気筒ガソリン・エンジン搭載のX5 xDrive35iと比較して約30%もの燃費の向上している。

 同モデルはクリーン・ディーゼル自動車としてエコカー減税対象モデルの認定を受け、自動車取得税および重量税が100%免税となる。エコカー補助金、もしくは平成23年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の需給も可能。

 BMWではX5 xDrive35d ブルーパフォーマンスに続き、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルのラインアップを年内にさらに拡充する予定だ。

関連情報

国内で購入できるクリーンディーゼル車
«前へ
ランドローバー、プラグインディーゼルハイブリッドシステム概要を公表(英国)
  次へ»
国内で購入できるクリーンディーゼル車ページを公開しました。

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles