2012年2月23日 (木)

札幌モーターショーで「クリーンディーゼル・シンポジウム」とクリーンディーゼル車試乗会を開催


 2012年2月17日~2月19日
 北海道ではじめてのモーターショーとなる「札幌モーターショー」が2月17日~19日の間、札幌ドーム(北海道札幌市)で開催されました。期間中は天候に恵まれ、12万5,000人の来場がありました。

 本協議会では、モーターショー前日の2月16日に地元メディアの方々向けの試乗会を札幌市内のホテルを拠点に実施し、17日~19日の間はクリーンディーゼル車をはじめとしたクリーンエネルギーカーの体験試乗会をモーターショー会場内にて開催しました。 体験試乗会には3日間で661人の方々に、メルセデス・ベンツE350 BlueTEC STATIONWAGON、メルセデス・ベンツML350 BlueTEC 4MATIC、BMW X5 xDrive35d Blue Performance、マツダCX-5、三菱パジェロなどのクリーンディーゼル車にご試乗頂き、短い時間ではありましたが静粛性などのポテンシャルを体感頂きました。

メルセデス・ベンツE350 BlueTEC STATIONWAGON

メルセデス・ベンツ
E350 BlueTEC STATIONWAGON

BMW X5 xDrive35d Blue Performance

BMW
X5 xDrive35d Blue Performance

マツダ CX-5

マツダ CX-5

メルセデス・ベンツML350 BlueTEC 4MATIC

メルセデス・ベンツ
ML350 BlueTEC 4MATIC

三菱 パジェロ

三菱 パジェロ

 2月17日(金)には、札幌ドーム西棟会議室にて「クリーンディーゼル・シンポジウム」を開催いたしました。モーターショーの主催者である和田修一 経済産業省 北海道経済産業局長からのご挨拶の後、メーカー役員による基調講演では、マツダ株式会社の人見光夫 執行役員 パワートレイン開発本部長から、発表されたばかりのマツダ「CX-5」に搭載された最新のクリーンディーゼルエンジンの概要説明を頂きました。

 また、昨今のクリーンディーゼルを取り巻く環境、特に日本でこれからどのようにクリーンディーゼルが展開されていくかの展望について、ボッシュ株式会社の宗藤謙治 ディーゼルシステム事業部執行役員よりプレゼンテーションを頂きました。

和田修一 経済産業省 北海道経済産業局長

和田修一 経済産業省
北海道経済産業局長

マツダ株式会社 人見光夫 執行役員 パワートレイン開発本部長

マツダ株式会社 人見光夫 執行役員
パワートレイン開発本部長

ボッシュ株式会社 宗藤謙治 ディーゼルシステム事業部執行役員

ボッシュ株式会社 宗藤謙治
ディーゼルシステム事業部執行役員

 続いて行われたパネルディスカッションでは多彩な顔触れのパネリストにお越し頂きました。それぞれの見地からの「クリーンディーゼルの社会的な必要性」や「北海道におけるクリーンディーゼルの有効性」などについて様々な議論が交わされ、来場された多くの方々も関心を示されておりました。

小川英之氏 北海道大学大学院 工学研究科教授

小川英之氏
北海道大学大学院 工学研究科教授

吉田由美氏 カーライフエッセイスト

吉田由美氏
カーライフエッセイスト

篠原幸弘氏 株式会社デンソー ディーゼル噴射事業部 常務役員

篠原幸弘氏
株式会社デンソー
ディーゼル噴射事業部 常務役員

三宮恵利子氏 元スピードスケート オリンピック代表、現レーサー

三宮恵利子氏
元スピードスケート オリンピック代表、現レーサー

金谷年展氏 クリーンディーゼル普及促進協議会長 慶応義塾大学大学院政策メディア研究科教授

金谷年展氏
クリーンディーゼル普及促進協議会長
慶応義塾大学大学院政策メディア研究科教授

斗ケ沢秀俊氏 毎日新聞社 水と緑の地球環境本部長

斗ケ沢秀俊氏
毎日新聞社 水と緑の地球環境本部長

 本協議会では今後も、多くの皆様にクリーンディーゼルの価値や普及の意義をご理解いただくために様々な活動を実施してまいります。

«前へ
「マツダCX-5」発売、クリーンディーゼル車はすべてのSUVの中でトップの燃費性能
  次へ»
三菱自動車、ジュネーブショーで新型『アウトランダー』を公開

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles