2011年12月13日 (火)

第42回 東京モーターショー:プジョーのクリーンディーゼル関連出展


 24年ぶりに東京都内での開催となった今回のモーターショーのテーマは「世界はクルマで変えられる。」"Mobility can change the world."、クルマ社会の未来を明るく大胆に世界に向けて発信していこうというメッセージです。

 出展各社もこのテーマに即して、未来に向けた提案型の車両や技術の展示を行っていました。クリーンディーゼルに関する展示も多数ありましたので、各社の展示物を紹介していきます。

プジョー

 欧州で12月から発売される「プジョー 3008 ハイブリッド4」が参考出品されています。世界初のディーゼルハイブリッド乗用車として注目を集める3008 ハイブリッド4のエンジンは2.0LのHDiディーゼルターボで、サンヨー製のニッケル水素バッテリーと組み合わせたハイブリッドシステムです。

 前輪はフロントに搭載されたディーゼルエンジンで、後輪はリアに搭載されたモーターやニッケル水素バッテリーで駆動します。ディーゼルエンジンは2.0lで最高出力は163ps、電気モーターの最高出力27kW(37ps相当)とあわせて。最高出力は200ps相当となります。
この3008 ハイブリッド4は排出ガス規制EURO6をクリアしていないので、すぐに日本に導入されることはありませんが、規制をクリアしたモデルが将来的に日本で発売されることが期待されます。

プジョー

プジョー

第42回 東京モーターショー 他社クリーンディーゼル情報

«前へ
第42回 東京モーターショー:BMWのクリーンディーゼル関連出展
  次へ»
2月17日(金)札幌ドームでクリーンディーゼル・シンポジウムを開催します。

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles