2011年12月 8日 (木)

第42回 東京モーターショー:マツダのクリーンディーゼル関連出展


 24年ぶりに東京都内での開催となった今回のモーターショーのテーマは「世界はクルマで変えられる。」"Mobility can change the world."、クルマ社会の未来を明るく大胆に世界に向けて発信していこうというメッセージです。

 出展各社もこのテーマに即して、未来に向けた提案型の車両や技術の展示を行っていました。クリーンディーゼルに関する展示も多数ありましたので、各社の展示物を紹介していきます。

マツダ

 今回のモーターショーでの国産車の注目のひとつはCX-5です。
マツダの誇るSKYACTIV TECHNOLOGYは、エンジンの効率向上や車両軽量化、空力特性などの基本性能を革新してCO2の総排出量を大幅に減らしていきます。

 SKYACTIV TECHNOLOGY第3弾、初のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載した新世代クロスオーバーSUV「CX-5」が東京モーターショーに登場しました。
NOx後処理なしで世界中の排出ガス規制をクリアする、低圧縮比を実現した高効率のクリーンディーゼルエンジンを搭載したCX-5は来年春に発表される予定です。

マツダ

マツダ

関連情報

第42回 東京モーターショー 他社クリーンディーゼル情報

«前へ
第2回クリーンディーゼル実車体験試乗会を実施
  次へ»
第42回 東京モーターショー:スバルのクリーンディーゼル関連出展

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles