2011年10月 3日 (月)

クリーンディーゼル関連記事紹介


 ダイヤモンド・オンライン版の「エコカー大戦争」コーナーに「『アウトバーン』と『ニュルブルクリンク』に見る欧州エコカー市場の独自進化と厳しい現実~マツダは一石を投じることができるか?」という記事が掲載されています。

http://diamond.jp/articles/-/13960

 欧州、特にドイツで「エコカー」がどのように捉えられていくかについての考察を、現地での体験をもとに、ジャーナリストの桃田健史さんが語っています。アウトバーンやニュルブルクリンクのあるドイツでは、高速巡航での走行や長距離走行などの機会が多く、日本とは自動車に対する関心や求めるモノが異なることが興味深くコメントされています。
また欧州でのマツダ「6(日本名:アテンザ)」のディーゼル車の試乗インプレッションや、同社のクリーンディーゼル開発に対する取り組みのインタビューなども載っています。

 ダイヤモンド・オンライン  『アウトバーン』と『ニュルブルクリンク』に見る欧州エコカー市場の独自進化と厳しい現実~マツダは一石を投じることができるか?

http://diamond.jp/articles/-/13960


(記事全文を読むには無料会員登録が必要です)

«前へ
クリーンディーゼル 実車体験試乗会のお知らせ
  次へ»
マツダ、新クロスオーバーSUV 「CX-5」から新世代クリーンディーゼル車を日本市場に投入

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles