2011年9月21日 (水)

ホンダ、欧州向け新型シビック 【フランクフルトモーターショー 2011】


 Hondaは、2012年初頭より欧州で発売予定の新型「シビック(5ドア)」を発表した。クリーンディーゼル車では 2.2L i-DTECディーゼル搭載モデルも市販化される予定。

 2.2Lのi-DTECディーゼルは、直列4気筒ターボ。最大出力は150ps、最大トルクは35.7kgm。 新型シビックのi-DTECディーゼル搭載モデルは空力効率を高め、MT車全タイプにアイドリングストップ機能を標準装備することで、2.2Lの従来モデル比で約20%の燃費向上を実現しているという。

 今回フランクフルトモーターショーで発表された欧州専用モデルは今年11月から英国で生産を開始する予定。またホンダの伊東社長は同モーターショーで「欧州地域において、2012年末にはこの新型シビック5ドアに、さらに小型のディーゼルエンジンを搭載したモデルを追加します。これ以降、欧州で発売される全モデルのエンジンを刷新し、より一層のCO2排出量の削減を目指していきます」と発表した。シビックの2.2L i-DTECディーゼルエンジンは110g/km、クリーンなCO2排出量を達成している。

ホンダ社ニュースリリース

http://www.honda.co.jp/news/2011/4110913.html

新型「シビック」開発のショートムービー(英語)

http://multivu.com/players/English/51356-honda-motor-europe/
«前へ
マツダ、新型SUV「CX-5」 【フランクフルトモーターショー 2011】
  次へ»
富士重工業、新型スバル XVを公開 【フランクフルトモーターショー 2011】

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles