2011年6月10日 (金)

人とくるまのテクノロジー展(主催:公益社団法人自動車技術会) クリーンディーゼル関連展示レポート Vol.01


 「人とくるまのテクノロジー展2011」は、毎年多くの自動車関連企業が、事故軽減などの安全性能・環境対応性能・燃費性能などに関する最新技術を紹介している展示会です。今年は5月18~20日に開催され、特にこれからの環境負荷低減に関する様々な技術展示が出展されていました。ここではクリーンディーゼルに関連した各社の展示物をご紹介します。

いすゞ自動車

 いすゞ自動車の今回の展示コンセプトは、『「運ぶ」を支える最新環境ソリューション』。
トラックやバスなどの商用車に求められる最新環境対応技術で、社会に貢献していく同社の取り組みが紹介されていました。

4HK1-TC 5.2リッター 直列4気筒ディーゼルエンジン

4HK1-TC 5.2リッター 直列4気筒ディーゼルエンジン
~2011年自動車技術会賞技術開発賞受賞~

 中型トラックFORWARDシリーズに搭載されている、ポスト新長期排出ガス規制に適合したディーゼルエンジンの展示。商用車では国内初となる2ステージターボシステムと大容量EGRクーラーの採用などにより、NOx 除去触媒なしで排出ガス規制に適合しており、平成27年度燃費基準を達成しています。
中型トラックFORWARDシリーズのエンジン性能コンセプトは「環境性能と経済性の高次元での両立」。 排気量あたりのトルクを高める"高過給化"を追求。エンジンの軽量・コンパクト化により、積載性や燃費を向上させてエンジンの高効率化を図っています。

6UZ1-TCH 9.8リッター 直列6気筒ディーゼルエンジン

6UZ1-TCH 9.8リッター 直列6気筒ディーゼルエンジン
 2010年5月に発売した大型トラックGIGAシリーズに搭載されているディーゼルエンジン。
ポスト新長期排出ガス規制に適合すると共に平成27年度燃費基準を達成。
いすゞの大型トラック用エンジンは、低速トルクのアップによる低回転で低燃費な走行を目指して開発されています。

<参考出品>新4JJ1ディーゼルエンジン

<参考出品>新4JJ1ディーゼルエンジン
 軽量コンパクトを基本に開発した、ポスト新長期排出ガス規制に対応するディーゼルエンジン。
2ステージターボシステムや大容量EGRクーラーの採用などエンジン本体技術によりクリーンな排出ガスを実現すると共に、平成27年度燃費基準達成を目指しています。小型トラック搭載用エンジンとして実用化に向けた参考出品。

«前へ
6月2日にシンポジウムを開催いたします。
  次へ»
人とくるまのテクノロジー展(主催:公益社団法人自動車技術会) クリーンディーゼル関連展示レポート Vol.02

Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles