クリーンディーゼル車とは?

「ポスト新長期規制」という排出ガス規制の基準に適応する、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX )の排出量が少ないディーゼル車。

従来のディーゼル車といえば、黒煙を出しながら走り、騒音も大きいといったイメージから、「環境に悪い」というイメージが大きいでしょう。


しかし実は、ガソリン車よりもディーゼル車の方が燃費が良く、CO2排出量も少ないという面があり、優れた環境性能を持っています。

さらに、新しい燃料噴射システムである「コモンレールシステム」によって、排気ガスや騒音などの従来のデメリットが克服され、新たにクリーンディーゼルとして生まれ変わり、環境保護に敏感な欧州ではエコカーとして普及が急速に進んでいます。

日本でも、CO2削減の観点から、クリーンディーゼルは次世代自動車の一つとして認定されており、購入できる車種も徐々に増え、今後の普及拡大が期待されています。

«前へ
クリーンディーゼル車の魅力
 

補助金について

クリーンディーゼルTV

国内で購入できるクリーンディーゼル車

60秒でわかるクリーンディーゼル

クリーンディーゼル車とは?

クリーンディーゼル車の魅力

クリーンディーゼルTV


Mercedes Benz

mazda

BOSCH

株式会社デンソー

全国ディーゼルポンプ連盟振興会連合会

三菱自動車工業株式会社

Peugeot

citroen

DS automobiles